銀行からお金を借りる前に知っておきたいこと

お金を借りるというと消費者金融から融資を受けるイメージを持つ人が多いかもしれませんが、銀行からお金を借りることも可能です。最近では銀行が運営を行っているカードローンも増えていますので、銀行から融資を受けることが選択しやすくなっています。銀行からお金を借りるときに事前に把握しておくべきことは、消費者金融の融資と比較すると審査や融資が実行されるまでに時間がかかるケースがある点です。大手銀行の中には即日融資に対応している業者もありますが、多くの銀行では申込みをしてからカードローン甘い審査結果が出るまでに一定の時間が必要です。そのために即日融資に向かないサービスと判断できますので、すぐに融資を受けたい人の場合には注意しておく必要があります。また、銀行からお金を借りるときの特徴としては、低金利で融資を受けられる点があります。消費者金融から借り入れをすれば金利は年率で18%ほどの設定されていることが多いですが、銀行カードローンであれば10%前後の金利で融資を受けることが可能です。そのために返済金額を総合的に考えると、かなり節約できることになります。消費者金融からの融資は総量規制の適用を受けるために、年収3分の1以上の金額を借り入れできませんが、銀行からの融資には総量規制の適用はありません。銀行からお金を借りるときには、年収3分の1までの範囲でしか融資を受けられないということはないために、おまとめローンなどに向いています。

タグ