専業主婦がキャッシングする時の借りれる限度額

専業主婦がキャッシングを利用しようとする場合にはまず、限度額がいくらまでであるのかを気にする前にそもそも審査を受ける資格があるかどうかという問題があります。大抵の消費者金融のキャッシングでは審査対象として二つ条件が提示されていて、一つは年齢制限であって主婦の場合はこちらはあまり問題となる事は無いのですが、もう一つの条件が問題であり定期的な収入がある事が条件となっているのです。この定期的な収入というのは本人の収入を前提としていて旦那の収入を頼りにするという事が出来ない場合が多いのです。

どうしてそのようになっているのかというと、貸金業法が改正されて総量規制があるためであり、総量規制では原則年収の三分の一までしか借りる事が出来ないようになっているのです。配偶者と合わせて年収の三分の一までという総量規制の例外も存在していて配偶者貸付制度があれば借りる事も出来るのですが、それについては残念ながら大手の消費者金融では対応していないのが現状です。

そうなると専業主婦が借りようとする場合は必然的に総量規制対象外となる銀行のキャッシングとなるのですが、銀行で専業主婦がお金を借りる限度額は一般的な仕事をしている人たちと比べて低めに設定されている事が多く、30万円から50万円程度が限度額となっている事が多いです。

消費者金融とは違って借りる事が出来るだけでもまだ良い方であり、限度額についても低めといってもちょっとした事でお金が必要であるという場合には十分な金額であるとも言えますが、一般的なサラリーマンと全く同じという訳にはいかないという事は覚えておくべきです。

タグ ,