お金を即日借りたくてカードローンを利用したときの体験談

仕事でパソコンを利用するのは今や当たり前ですが私は仕事の都合上自宅でも仕事をすることがありパソコンは必需品です。自宅にあるパソコンは長年利用していたためかバッテリー部分が壊れてしまい通電することができなくなってしまいました。

仕事を自宅でやるためにはどうしてもパソコンは必要なので買い換えることにしたのですが昔ほどではありませんが今のパソコンも十分に値段が高く、簡単に買えるものではありません。また子供の進学費用で貯めていた貯金を使ったので使えるお金は限られていました。次の給料日まで少し日にちがありましたが運が悪いことに今月はとても忙しく自宅での仕事なしでは上手くいきそうになかったのでカードローンを利用してパソコンを急遽購入することにしました。

パソコンが壊れてしまったのが週末ですぐに新しいパソコンを購入する必要があったのでインターネットで即日融資に対応している消費者金融を探しているとアコムのカードローンがすぐにお金を借りられて使いやすいと評判だったので利用してみることにしました。

申し込み自体はとても簡単でインターネット上ですべて終わらせることができて助かりましたが郵便物などが自宅に届かないかとても心配でした。妻はカードローンなどのお金借りるをあまり良く思っていないので妻や子供には見つかりたくなかったです。心配になったので申し込みを行った消費者金融に聞いてみると自宅に郵便物などが届かない申し込み方法があるとのことだったので迷わずそちらを利用させてもらいました。

実際に郵便物などは自宅に届かず即日中にお金を借りることができたのでとても助かりました。また機会があれば利用したいと思います。

タグ ,

すぐお金が無くなってしまう人の特徴

すぐお金が無くなる人は、一言で言えば収入に対して出費が多いということです。
このようなすぐお金が無くなる場合の人の特徴はいくつかあります。一つはそもそも金銭感覚が良くなくお金の使い方が荒いといったことがあります。サラリーマンなど給与所得者であれば月々にどれぐらいのお金が入ってくるかが決まっているため、本来はお金の管理がし易いはずですが、計画性を無視してお金を使えばすぐお金が無くなることになります。また収入に見合わない高級なブランド品を購入したり、維持費が高額な自動車などを購入すればすぐお金がなくなってしまいます。特に入ってくる方は限られますが、出て行く方は多くあり、誘惑に負けてついつい買いすぎてしまうといったことがお金がなくなる原因といえます。

また、このお金が無くなってしまう甘い罠とも言えるのが、カードの存在です。おまとめローンではないのですが、クレジットカードやカードローンなどは将来の収入をあてにお金を貸し付けてくれる便利なサービスですが、収入の範囲内の借入であれば問題ありませんが、これをこえてくると返済に追われることになります。特に複数枚を使用している場合には注意が必要で、場合によっては返済に追われることになります。特にリボルビング払いは月々の支払いが固定される反面でいつまでたっても借金が減らない状態に陥ります。
また銀行にどれだけのお金があるかを把握していないのもすぐお金が無くなってしまう人の特徴ともいえます。

タグ

専業主婦がキャッシングする時の借りれる限度額

専業主婦がキャッシングを利用しようとする場合にはまず、限度額がいくらまでであるのかを気にする前にそもそも審査を受ける資格があるかどうかという問題があります。大抵の消費者金融のキャッシングでは審査対象として二つ条件が提示されていて、一つは年齢制限であって主婦の場合はこちらはあまり問題となる事は無いのですが、もう一つの条件が問題であり定期的な収入がある事が条件となっているのです。この定期的な収入というのは本人の収入を前提としていて旦那の収入を頼りにするという事が出来ない場合が多いのです。

どうしてそのようになっているのかというと、貸金業法が改正されて総量規制があるためであり、総量規制では原則年収の三分の一までしか借りる事が出来ないようになっているのです。配偶者と合わせて年収の三分の一までという総量規制の例外も存在していて配偶者貸付制度があれば借りる事も出来るのですが、それについては残念ながら大手の消費者金融では対応していないのが現状です。

そうなると専業主婦が借りようとする場合は必然的に総量規制対象外となる銀行のキャッシングとなるのですが、銀行で専業主婦がお金を借りる限度額は一般的な仕事をしている人たちと比べて低めに設定されている事が多く、30万円から50万円程度が限度額となっている事が多いです。

消費者金融とは違って借りる事が出来るだけでもまだ良い方であり、限度額についても低めといってもちょっとした事でお金が必要であるという場合には十分な金額であるとも言えますが、一般的なサラリーマンと全く同じという訳にはいかないという事は覚えておくべきです。

タグ ,